So-net無料ブログ作成
検索選択

書籍「ここがおかしい、外国人参政権」

新刊紹介。
井上薫「ここがおかしい、外国人参政権」(文春新書)



本著では元判事である著者が、法的立場から外国人参政権の問題点を述べている。
外国人参政権を論ずる際、平成7年(1995年)2月28日の最高裁判決~大阪市在住の永住資格を持つ在日韓国人が大阪市北区などの選挙管理委員会に対し選挙人名簿に自分を登録するよう訴えを起こしたところ、大一審の判決を支持して棄却~が必ずと言っていいほど取り上げられている。同判決の理由に記された「傍論」が外国人参政権推進派の論拠とされている。本著でも同判決をベースとして議論が展開されている。

本著のキーワードは「蛇足判決理論」。判決は主文とその理由から構成されているが、理由の中に主文の決定に論理的に繋がらない記述がある判決が多い。著者はそのような記述を「蛇足」とよび、判決に書くべきではないと批判している。そして、その「蛇足」が新聞などに取り上げられ、世論に影響を与えていることを問題視している。

外国人最高検の最高裁判決の場合、推進派に論拠を与えている「傍論」が「蛇足」にあたる。判決の主文は、原告の主張(外国人に参政権を与えよ)を棄却するとしており、理由の主旨は
(私の意訳)憲法前文・第1条でうたっている国民主権の原理を考慮すれば、公務員の選定罷免は国民固有の権利であると記した憲法15条でいう「国民」は日本国民だけを指し、外国人を含まないとすべきである。そして、地方自治について定めた憲法第8章の93条2項で、地方公共団体の長・議員などは「住民」が直接選挙すると定めているが、地方公共団体は国の統治機構の不可欠要素をなすことを考慮すれば、その「住民」は日本国籍を有する者に限定されるとすべきである。

となっている。それなのに、「傍論」の主張、すなわち、
(私の意訳)地方公共団体の業務は住民の日常生活に密接に関連しており、それに関する地方自治に対する住民の意思表示を保障するのが憲法第8章の趣旨であるから、たとえ外国人であっても、永住資格を持つなど地域に密着に関係を持つ者に地方選挙権を与えることは、憲法上禁止されていない

という主張は判決主旨と明らかに矛盾しており、判決主文に論理的に繋がらないという点で、本著では「蛇足」とされている。

なお、最高裁判決の「傍論」を書いた園部逸夫氏はのちに、自分が日本統治中の朝鮮で生まれ育った経験から、朝鮮から強制連行された人達をなだめるつもりで「傍論」を書いたと告白している(知っている人もいるだろうが、朝鮮人を強制連行したというのは史実と異なる)。これに対しても本著では、個人的な経験・動機による判決の私物化と断じている。

このように本著は、外国人参政権反対派の読者に対し、「蛇足判決理論」という著者独自の視点から、外国人参政権の法的問題点を分かりやすく解説していると、私は考える。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 4

凍え馬

平成7年判決はどう考えてもおかしいですね。あれは"傍論"では無く"暴論"ですね。主文で外国人参政権を認めないのは憲法違反ではないと主張しながら、暴論では付与が望ましいなどと主張しているのですから…

しかし、この問題に関してはほとんどの報道機関は世論調査しませんねぇ…
結果が分かっているからでしょうか…
by 凍え馬 (2010-08-29 23:04) 

聖Judyのほうき星

仰せのとおりです。
私は、この裁判のこと当時知っていたら、最高裁判所裁判官国民審査で園部逸夫に☓をつけましたけど。

「ここがおかしい、外国人参政権」に載っている、この最高裁判決を報じる朝日新聞紙面がひどいです。
判決翌日に第1面トップに同判決を報じていますが、大見出しが
「定住外国人にも地方選挙権」
であり、他の見出しも
「最高裁判決『憲法上、禁止されていない』」
「法整備あれば可能」
「訴え自体は棄却」
と、まるで外国人参政権を認める判決が出たかのような書き方です。
読者のミスリードも度が過ぎます。
by 聖Judyのほうき星 (2010-08-30 13:04) 

凍え馬

ただこれではっきりしましたね、早いこと憲法を変え、憲法に明記しなければならないことが…
「日本国民とは日本国に戸籍を持ち、且つ日本にのみ国籍を有する者のことを言う。」
「日本国内で実施される選挙は全て日本国民のみが選挙権及び被選挙権及び選挙管理権を有する。」
といった規定を9条破棄と同時に盛り込む必要がありますね。
by 凍え馬 (2010-08-30 20:17) 

聖Judyのほうき星

御意。
現在の憲法15条では恣意的解釈の余地がありますので、参政権は日本国民のみがもつこと、がっちり規定すべきですね。
あと、民主党代表選が近いですが、民主党員・サポーターに外国人がなれることも問題になってます。この点についても関連法改正が必要ですね。
by 聖Judyのほうき星 (2010-08-30 23:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。