So-net無料ブログ作成
検索選択

騙したり騙されたり…

民主党はマニフェストで国民を騙した。
子供手当てなどで国民を釣って、外国人参政権・夫婦別姓などの裏政策は背中の後ろに隠した。
その民主党の売国鳩は、「トラスト・ミー」と言ってアメリカを騙した。
その売国鳩、今度は、首相の辞任時期のことで「かん」に騙された。
辞任時期は震災対策の目処がついた頃といって、じゃあ、その「目処」は何時かといえば、原発が冷却停止した頃と言う。
それでは何時になるか分からないじゃないか。
売国鳩でなくても怒りたくなる。

内閣不信任案採決の前に、「かん」と売国鳩との間で辞任時期について会談が交わされたという。
江田法相は、犯罪取り調べの可視化に一生懸命になっているが、その前に、おたくら民主党議員の会談を全部ビデオに録って可視化してくれ。
福島原発放水を中止しろと言った言わないで水掛け論していることも含めて。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

凍え馬

豆鉄砲を食らったのは鳩ではなく国民でしょうね。
民主党の会談の全面可視化、ナイスアイデアです。

by 凍え馬 (2011-06-04 23:36) 

聖Judyのほうき星

コメントありがとうございます。
党内会談、全部記録に残すべし。
しかし、くれぐれも騙されてはいけないのは、「人権侵害救済法案」です。
人権救済という美辞麗句に騙されて成立させてしまったら、日本は破滅です。
by 聖Judyのほうき星 (2011-06-05 21:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。