So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国「挺対協」の実態(捏造従軍慰安婦問題に関して)


ちょっと長いですが、「従軍慰安婦」問題捏造に抗議する集会の動画です。

この集会、私も参加しました。有休とって。
登壇者の一人が「挺対協」(韓国挺身隊問題対策協議会)の実態について話していますね。
挺対協という組織が主体となって、従軍慰安婦問題を捏造して抗議しているのです。
いわゆる「慰安婦」だったおばあさんが、アジア女性基金から賠償金・福祉費計500万円貰っていたそうです。
そうしたらそのおばあさん、挺対協の連中に、日本から汚いカネを貰ったと、激しく抗議されたって。
要するに挺対協、「慰安婦」のために戦っているのでなく、反日活動の道具として「慰安婦」を利用しているんです。
なんだか、「エセなんとか」の話に似ていますね。
12月14日、挺対協や日本の反日活動家が、外務省を「人間の鎖」で囲んでデモしていたのですが、そこにも90歳代の元「慰安婦」を引っ張り出して、寒空の中長時間車椅子に座らせていたそうです。

集会の終盤、村田春樹さんが言ってますね。
もし従軍慰安婦という「性奴隷」がいたとしたなら…
戦前、華族、国会議員、知事から憲兵まで、高い地位や権力を持つ立場の人に朝鮮人もかなりいました。
皇族にも李王家が迎え入れられ厚遇されていたのですが、その方達は「性奴隷」に抗議しなかったのですか?
愛する妻や恋人を「性奴隷」にされた朝鮮人男性は、なぜ何も抗議行動を起こさなかったのですか?
終戦後、李承晩が大統領になってかなり反日的だったのですが、彼さえも「性奴隷」のことを言わなかったのは何故ですか?
日韓基本条約締結に向けて、日韓政府は長い間交渉していたのですが、その席でも「性奴隷」のことは一言も出なかった、何故ですか?
なぜなら、「性奴隷」というものは存在しなかったから。

ネッシー、ツチノコ、性奴隷。


仮に「性奴隷」というものが存在したら、昭和天皇がお許しにならなかったでしょう。
日本人は内地も、朝鮮も、台湾も、樺太も、みんな同じ「赤子」とされていたから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。