So-net無料ブログ作成

都知事選、自民党は猛省を

都知事選。
ご周知の通り小池百合子さんが当確となった。
ずっと小池さんについて応援し続けてきたアルピニストの野口健さんが、小池さんが環境大臣の時真摯に仕事に取り組んできたことを話していて、それに感銘した私は小池さんに投票した。
実行第一の小池さんが都政にて政治手腕を発揮されることを期待する。

で、自民党。
舛添前知事が辞任した後、自民党の最重要課題は、革新都知事を生み出さないことではなかったか?
美濃部都政の再現を何としてでも防ぐことであったはずだ。
勝てる候補を擁立し、党全体で全力で選挙戦に挑むべきだった。
それが、実際は、候補擁立にもたもたし、選挙戦より党内政治に汲々し、増田氏以外の候補を(6親等までの親族も含めて)支援したら除名などの処分をすると北朝鮮みたいなおふれを自民党員に出して、却って反発を受けて造反する自民党員が続出して…
(私の近くの自民党関係者も、小池さんに投票すると堂々と言っていた)
野党4党は鳥越氏があまりにもお粗末、そして宇都宮氏のこともあって、オウンゴールみたいな感じで沈没したが、蓮舫氏や宇都宮氏が出馬していたら危なかった。

まあ、この選挙戦で、自民党都連内部の醜態が明らかになったという副産物も得られたと言うべきか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。