So-net無料ブログ作成
検索選択

不敬極まりない日本共産党

ここ何年かは8月15日に靖国神社に参拝している。
そして、今年も8月15日に参拝した。
これはひとえに、私達の国を守らんがため生命を散らした英霊に、追悼、敬意、感謝の意を表すためである。
それだけである。

昇殿参拝したのがちょうど正午だったので、拝殿で黙祷。
この時は相撲甚句の奉納もあった。
咲いてゃ 牡丹と 言われるよりも
散りてゃ 桜と わしゃ言われたい


色々な思いを噛み締めながら帰宅し、ネットでニュースを見たら、産経ニュースのこの記事の見出しに仰天した。

共産党・小池晃書記局長の新宿演説「靖国神社は侵略戦争をアジア開放の戦争だと美化している神社だ」「改憲は絶対に許さぬ!」
産経ニュース 2016.8.15 14:48
http://www.sankei.com/politics/news/160815/plt1608150052-n1.html

大東亜戦争は自存自衛の戦争であり、日本を守らんがため多くの益荒男たちが散華されたのである。
それを、靖国神社は侵略戦争を美化する所とは何事か。
英霊に対する許しがたい冒涜である。

昭和天皇が崩御された時、各政党がお悔やみのコメントを述べる中、日本共産党は、昭和天皇には戦争責任があると、不敬極まりない暴言を吐いた。
それ以来、私は日本共産党を憎んでいる。
その憎しみは、今日さらに大きくなった。

小池晃・日本共産党書記局長よ。
お前は日本国籍を捨てて、心の故郷支那へ行き、支那共産党のポチになれ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。