So-net無料ブログ作成
検索選択

ああ、やんなった

私達大学教員は研究だけやっているわけではない。
大学運営に関する様々な業務も行っており、それが研究を圧迫することも多々ある。
そして、その業務の中には教育に関することももちろん含まれている。
教育事務に関しては、学生達に告知すべきことも多く、それらは掲示などを出して伝えている。
中には、これを学生達にやってもらわなければ留年する、卒業できないといった重要な事もある。
ところが、その掲示などをろくに見ない学生がいるんだよなあ(とくに留年生)。
それでやるべき手続きなどを怠り、その結果留年になったりすると、なんとかしてくれと私達教員に泣きついてくる。
なんとかしてほしいのは、私達教員のほうだ。
研究の時間を犠牲にして、山と積まれた事務をこなしているというのに。
ああ、やんなった。

話は変わって、「イスラム国」--こういう呼び方をすると、れっきとした国と誤解されるという批判はあるが--による日本人人質事件。

国は国民を保護する義務がある。
だから、「海外安全ホームページ」などで、この国は紛争中だから行かないで下さい、あの国は治安が悪いから気を付けてくださいなどと、国民に呼びかけている。
そういった海外安全情報はどうやって集まってくるのかというと、海外に赴任している官僚から寄せられているものが多いだろう。
その官僚たちの中には、治安の劣悪な国、紛争中の国で勤務している方もおられよう(あまりにも危険だったら退避するが)。
そうやって集まった海外安全情報を国民に広く伝達して、国は国民を守るべく務めている。
だから、今回の人質事件に関して、国に瑕疵があったとは、私は考えない。

しかし、その海外安全情報を見たのか見ていないのか、シリアに入っちゃって「イスラム国」に誘拐された日本人が出てしまった。
政府は、さあ大変だ、この日本人を救出しなければと、いま奔走しているわけである。
真夜中1時に閣僚が集まって会議しているから、役人たちは徹夜で働いているだろう。
日頃から渡航情報を流しているのに、なんでこんな仕事をしなければならんのだと、憤懣やるかたない、ああやんなったと思っている役人もひょっとしたらいるかもしれないし、その方々には同情を禁じ得ない。
でも、そんなことはおくびにも出さずに、黙々と情報収集などに努めている。

あと、けしからんと私が思うのは、今回の日本人人質の件で多くの役人たちが寝ずに働いているはずの官邸の前で、笛や太鼓を鳴らしてデモをして、今回の事件は安倍総理に責任がある、安倍やめろと叫んでいる左巻きの連中がいることである。
人質を救出しなければと多くの人達が汗している目と鼻の先で、人質事件を安倍おろしに利用して、お祭り騒ぎをしているのである。
こいつら、人間じゃねえ。

冷めてしまった

イスラム国の日本人人質事件についてだが、正直言って、同情心が冷めてしまった。
もういいよ。
とにかく、日本政府はイスラム国に身代金2億ドル払わないでほしい。

冷めた原因は、あのおっかさんの会見。
何を言うかと思ったら、反原発だ、憲法9条だ、日本は唯一の被爆国だとご高説をのたまわれて…
親族が記者会見やめろと事前に言ってたらしいけど、なるほど、そういうことだったのね。
とにかく、いやになった。
まあ、後藤さんがあの母親のもとに生まれたことは気の毒だが。

今こそ9条の会の出番だ

イスラム国とみられるテロリストが日本人二人を人質に取り、2億ドル払わねば殺害すると予告して、大変なことになっています。

さあ、今こそ憲法第9条信者の出番です。
話し合いでこの事態を解決して下さい。
武力に訴えるなんてとんでもない。
なぜなら、私達には憲法第9条という金科玉条があるから。

憲法前文に書いてある「平和を愛する諸国民」にはイスラム国も含まれているんでしょ?
だったら、イスラム国の公正と信義を信頼して、話し合いで解決しましょうよ。
話せば連中もきっとわかってくれるんですよね?

武力行使を一切せずに、平和的話し合いをすれば、何事もうまくいきますよ。
ラブ・アンド・ピース。
ピースとハイライト

センター試験、数学2・数学Bの出題について

この前のセンター試験、数学2・数学B(とくに数列の問題)が難問だったと話題になっている。
私も当の問題を解いてみたが、確かに、常套テクニックでは解きにくい。

私は以前センター試験作問をやったことがあるので、問題作成の事情はある程度知っている
(なお、センター試験の作問委員は、後で官報で公示される)。
センター試験にかぎらず入試問題というもの、受験生のレベルを想定して、平均点が5~6割になるように作ることになっており、それは作問委員になった人は必ず言い渡される。
問題が難しすぎて0点ばっかりになったら、点数に差がつかないからだ。
問題が易しすぎる場合も同様。
それに、共通一次試験・センター試験の歴史は長いので、はっきり言って試験問題は「ネタ切れ」気味である。
上で述べた制約の中で新しい問題を作るのは、難儀なことである。
そういうわけで、頭をひねって工夫をこらして、苦労して作り出した結果、今回の数列のような難問になったのだろうと想像される。

最近、大学入試改革のニュースがあり、年に数回入試を行い受験チャンスを増やすなんて言ってるらしいけど、そんなことを本当にすると、試験を行う大学教員の負担は果てしなく増えるぞ。

センター試験

国語の現代文、2問とも問題文を読んだが、もうちゃっとお堅い評論文を出題してもよかったんじゃねーべか?

爆笑問題のボツになった政治ネタ

「週刊文春」1月22日号を読んでいる。

それによると、爆笑問題が正月番組でやった政治風刺漫才がボツになったそうである。
どういうのかというと…
田中「(総選挙で)特に注目されていたのが、後援会のいろいろな不祥事とかで降ろされた小渕優子さんね。 どうなんだろうって言われたけど、蓋を開けたら圧勝ですよ」
太田「当選した瞬間に小渕ワインで乾杯して。ルネッサ~ンス!」
田中「ルネッサ~ンスって。やるわけないだろ、小渕優子がそんなこと」
太田「ダルマの目にドリルで穴開けて」
田中「ドリルでハードディスクに穴を開けたと問題になっているんだから!」

「ドリルで穴開けて」と追い打ちをかけているところがウケた。

改めて言う、韓国は言論弾圧国家である



政治家に都合の悪いことを記者が書いたら、名誉毀損だと訴えて取り調べする。
これを言論弾圧国家と言うのだ。

実を言うと、私の初めての海外旅行韓国だった。
一週間ばかり一人旅して、現地の多くの人々に親切にしてもらったことは恩義に感じている。
それだけに、残念なことである。

細坪基佳さんのライブに行った

細坪基佳さん(元ふきのとう)のライブに行ってきた。

最初から最後まで室内楽的な編曲で、しっとりとした雰囲気で幾つもの歌が披露された。
楽器ピアノ、生ギターヴァイオリン、チェロ、フルートなどで、エレキ系やドラムスはない。
盛大に盛り上がることはなかったが、目を閉じて耳を澄ませて、細坪さんの美声、ストリングスの音色に酔いしれた。
叙情派フォークで知られるふきのとう出身の細坪さんでも、こういうライブは珍しいのでは?

1974年「白い冬」でデビューした細坪さんは、すでに還暦を過ぎている。
私も50歳に近い齢である。
もう若くない。
しかし、齢を重ねて気付く美しさとか価値観とかというものもあるのではないか。
歌を聴きながらそんなことを考えた。
アンチエイジングだけが能ではない。

数年ぶりの細坪さんのライブ、行ってよかった。

ところで、近年いろんなバンドが再結成されている。
しかし、ふきのとうについては、再結成することはないだろうと私は思っているし、望んでもいない。
細坪さんには細坪さんの音楽の世界がある。
もう一人の山木康世さんも同様。
ご自身の音楽の世界をつきつめていかれればいいと思っている。

国賊ロックンローラー

サザンオールスターズ桑田佳祐がいま、ネットでフルボッコである。
紅白歌合戦の中継が入ったサザンの大晦日ライブが問題視されているのである。

紅白で歌った「ピースとハイライト」。
お花畑的反戦歌である。
週刊文春では「朝日新聞のテーマソングかと思った」と書かれている。
まあ、60~70年代フォークはそんなのばっかりだから、今更驚きはしない。
共感はしないけど。

ところが、紅白の中継以外のところでは、バッテンをつけた日章旗の画像、「釣魚島」(尖閣諸島)の画像がステージに大写しになったそうである。
また、紫綬褒章を尻ポケットから出して、「オークション、5000円から」と茶化したそうである。
これは看過できない話である。

このような情報が流布していることについて、桑田佳祐さんはまず、それが事実であるか、あるいは、そうでないか、答えるべきである。
そして、もし事実なら、何故そのようなパフォーマンスをしたのか、説明すべきである。
そして、「国家」というものに対してどう考えているのか、自身の考えを述べて欲しい。

日本人はみな、日本という国家の保護のもとに生きているのであり、桑田さんも例外ではない。
世界を見渡せば、国民の犠牲の上に政府要人が贅沢三昧をしている国があるが、日本はそんな国ではないでしょう。
海外旅行に行くとき持っていくパスポート、表紙をめくると、どうかこの日本人を安全に旅行させてくださいという旨が記されている。
そして、日本のパスポートを持っていれば、日本という国は世界で信頼されているので、世界中のどこの国でも容易に入国することができる。
このように、私達は日本人というだけで、様々な恩恵を受けているのである。

その日本という国家をどうしても穢したいのなら、日本国籍を捨ててください。
日本のパスポートを捨ててください。
そして、今日から「地球市民」と名乗ってください。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。