So-net無料ブログ作成

民主党に人権侵害救済法案反対議連発足

政府・民主党が成立を目指す「人権侵害救済法案(人権擁護法案)」。
人権救済を目的とすると言いながら、人権侵害の定義が曖昧、人権委員会が三条委員会として強大な権限を持つことなどから、言論統制に結びつくおそれがあると批判されていることは、何度もこのブログに書いた。
この法案に反対する議員連盟「真の人権擁護のあり方を考える会」(仮称)が、月内に民主党内に設立されることとなった。
鷲尾英一郎、長尾敬衆院議員が中堅・若手を中心に参加を呼びかけるとのこと。

鷲尾氏は、人権救済法案の問題点を批判し、同時に、
「これまで党執行部は党内の反対意見や批判に耳を傾けなかった」
と民主党の問題点を指摘した。
これは、同法案に限らず、今の民主党の最大の問題点であると思う。
保守派とされる野田佳彦氏が総理大臣になったにも関わらず、閣僚が左翼・リベラルで固められたのは、旧社会党スタッフで占められる執行部が民主党全体を牛耳っていて、保守派の言動が封じ込められているからではないか。

民主党内にも人権救済法案に反対する者は少なからずいる。
人権救済法案をつぶすには、人権救済機関PTに近いところで反対の声をあげるのが一番であろう。
また、与野党を問わず人権救済法案に反対する議員たちがタッグを組んで、同法案阻止へ向けて全力をつくすことも大事だと考える。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111004/stt11100422510011-n1.htm


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

凍え馬

人権侵害救済法案が成立してしまったら、日本の言論は終わりです。
この法律は、声の大きい「少数派」が、サイレンとマジョリティーの「多数派」を弾圧するための法律です。民主主義の崩壊を意味するものですね。
by 凍え馬 (2011-10-06 22:22) 

聖Judyのほうき星

仰せのとおりです。
この法案が成立したら、言論は封圧されるし、その他の売国法案も次々と通るでしょう。
参政権を日本人に限るのは外国人差別となるから、外国人参政権が通ってしまう。
家族同姓は女性差別になるといって、夫婦別姓が成立してしまう。
靖国神社もつぶされるでしょう。

ところで、「人権侵害救済法案反対 全国陳情プロジェクト」というのがあります(私も参加したことがあります)。
これまでの陳情結果が公表されていますが、反対・賛成どちらか明白にしていない議員さんが多いですね(とくに民主党)。
http://www47.atwiki.jp/chinjou/pages/33.html
by 聖Judyのほうき星 (2011-10-06 23:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。