So-net無料ブログ作成

南京大虐殺記念館は日本人がつくらせた

河村たかし名古屋市長の発言でいまニュースとなっている「南京大虐殺」。
これが全くの嘘でたらめであることは、何度も書いた。

nanjing_small_320.jpg
*全国のセブンイレブンのコピー機から出力できます。
*ネットプリントNo.44945914(プリント期限:3月7日) B4判 60円
*ネットプリント登録用高解像度JPGファイル (B4 150dpi)
https://skydrive.live.com/#cid=9328F3880E31356C&id=9328F3880E31356C%21407

南京にいま大虐殺記念館があることは、ご存じの方が多いだろう。
日本からも、日教組の香ばしいセンセイが、修学旅行で生徒達をそこへ連れて行くそうである。
その大虐殺記念館、実は、日本人がつくらせたのである。



中国はもともと、記念館をつくる気は全然なかったらしい。
それが、旧社会党の田辺誠委員長が中国側に南京大虐殺の記念館をつくるよう働きかけ、総評が建設費用3000万円を出して、大虐殺プロパガンダー記念館が出来上がったとのこと。

背後から銃で撃たれたような気持ち…

南京大虐殺にしろ従軍慰安婦にしろ、日本の歴史問題は、日本人の方から火をつけて騒ぎを大きくしているところがある。
朝鮮の「従軍慰安婦」。
前にも書いたけど、あれは実際は、民間の置屋が雇った戦地売春婦である。
韓国側は従軍慰安婦のこと一言も言ってないのに、日本の吉田清治という奴が嘘デタラメの従軍慰安婦の本を書いたから、韓国の反日活動家たちがそれに便乗して、さあ謝れ賠償しろなどと言い出して、今のような騒ぎになってしまった。

自分から日本の名誉を傷つけるための嘘デタラメを吹聴して回る日本人達。
その連中も、海外旅行に行くときは、世界中の人達が欲しがる日本のパスポートを持ち、日本政府や日本大使館などの庇護を受けるから、余計に腹が立つ。
こういう人達は、大嫌いな日本の国籍を放棄して、「地球市民」とでも名乗って、ピースボートで世界中を放浪してくれと言いたい。

この田辺誠を含め旧社会党の売国奴たちが、勢いを失った党を飛び出して集まっているのが、いまの民主党である。
日教組は教育の癌。
民主党は日本の癌。
両者とも殲滅せねばならぬ。

「従軍慰安婦」の話がでたので、それも全くのデタラメだという村田春樹さんの演説動画を、最後に貼りつけておく。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。